まだまだlivedoorブログでの機能がよくわかっていないんだけれど、とりあえずは慣れること、ということで新規記事の投稿です。なるほど、カテゴリーが2つ付けられるのはなかなかよい。

---
梨木果歩 『家守綺譚』 新潮文庫、2008年(第7刷)

川上弘美を紹介してくれた友達が、それと並んでお薦めしてくれたのがこの一冊(ちなみにこれと関連していた『村田エフェンディ滞土録』もなかなかよかったです)。いわゆる綺譚集を読んだのは、村上春樹、森見登美彦に続いてのことで、この中では自分にとって一番しっくりきました。

日常的な空虚な出来事、隣人の一言、様々な登場人物との意図せぬ会話など、どこか空恐ろしさを残しつつ穏やかに流れていく毎日が鮮やかです。湖の底は何が「見える」のか。どこか遠くで鳴っているかのような印象を与える会話文の書き方も、作家だなぁと感じつつ読んでおりました。