外の雨が激しい。これから帰らなきゃいけないのに。

昨日はグリーグの誕生日(1843年)、明日はグノーの誕生日(1818年)。で、今日は何かないかなと思ったけれど、特に知っている作曲家の誕生日はありませんでした。残念。ちなみに今月初旬は「日本で初めてアンコールが演奏された日」(4日)や、ピアニストのアルゲリッチの誕生日(1941年)などがありましたとさ。ヤマハの日めくりカレンダーはなかなか面白い。

前々から読みたいなーと思っていた本を先日ようやく読み終えて(大したボリュームの本ではなかったんだけど)、その中に書いてあった一説に妙に納得。マーラーの音楽に対する考察の部分で、彼の音楽とは《神なき時代に生まれた神への希求と懐疑》である、とのこと。なるほどなぁと納得すると同時に、マーラーやってみたいなぁと思う今日この頃です。ミーハーですね。

今日この時間まで学校に残っていたのはレポートを書いていたため。まだまだ先は長く、これからもっと資料も集めなきゃいけないし、論文や書籍も探して読まなきゃいけない。きっちりかっちり進むものではないけれど(もちろん、そのための努力はしなくてはいけないけれど)、地道に書き進めなくては。今日のBGMは何となく聞きだしたスピッツの「愛のことば」。

いい曲です。さ、帰ろう!