さて、春から夏へ移りゆく季節5月となりましたが、演奏会のご案内です。


---
ブルーメンフィルハーモニー第31回定期演奏会

*日時: 2009年5月30日(土) 開場18:15、開演19:00
*場所: ミューザ川崎シンフォニーホール(JR「川崎駅」徒歩3分)
*曲目: ブラームス/交響曲第2番
      ドヴォルザーク/交響詩「水の精」
      ドヴォルザーク/ノットゥルノ?弦楽オーケストラのための

*指揮: 森口真司
*チケット: 全席自由、2000円

その他、下記ウェブサイトもご参照下さい。
http://homepage3.nifty.com/blumen/


---
メインのブラームスの第2番は、交響曲第1番を書き上げたブラームスが避暑地ペルチャッハを訪れた際に、その豊かな自然からのインスピレーションを受けて作曲されたもので、遅筆なブラームスには珍しく、非常に短期間で製作された作品です。第1番とは対照的に、いわゆるブラームス的な重厚感のある響きとともに、《田園交響曲》たる牧歌的な美しさが魅力的な音楽です。

中プロの交響詩「水の精」は、チェコの国民的な詩人であるエルベンの詩に基づく作品で(オリジナルの話は結構残酷だと僕は感じるのですが)、これぞ交響詩といわんばかりのドラマティックな変化がとても魅力的な音楽です。ドヴォルザークの第8番にも近いような一種土臭い(そこがいいんですよ)印象も受けますが、それでいて映画音楽のような親しみやすい作品かな、と思います。

前プロとして演奏させていただくノットゥルノは、元来弦楽四重奏曲の一部分として書かれた作品で、それを作曲者自身が後に弦楽オーケストラのために改訂し発表したものです。穏やかな曲想の中に、チェコらしい、いわゆるドイツ音楽にはあまり登場しないようなリズムや和声の変化が現れ、弦楽器らしい、弦楽オーケストラらしい響きが十分に楽しめる作品ではないかと感じます。

ご都合よろしければ、ぜひぜひお越し下さいませ。ご来場お待ちしております。