というわけで、大学院のガイダンスがありました。

今日のBGMはチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。いやぁ、この曲、本当にいい曲。

さて、ガイダンスは朝10時に始まってお昼休みを挟んで大体15時まで。それから簡単にキャンパスツアーがありつつ、最終的には懇親会@学食という流れでした。何より話が長かった。先生方の話はともかくとして、履修申請のシステムはどう考えても筑波の方がすっきりしてるし(人数の差もあるんだろうけどね)、何種類もネットワークがあるのは分るけれど、それを全部丁寧に説明しなくても…。

キャンパスツアーで感じたのは、工事中の建物が多いのは仕方ないけれど、やっぱり古い建物が古いものとして、大事に扱われているなぁということ。もちろん有名な安田講堂はしかりだけれど、(おそらく使わない)薬学部の建物、(たくさん使う)法文関係の建物などなど、何となくエレガントな印象。アーチなどがきれいなせいもあるけれど、それは大事に使われているからだと思う。

また夜にチャリで行ってみたいなぁー。そうそう、公共政策にはいろんな人がいるよ、とは言われていたけれど、いやはや確かにいろんな人いるわぁー。ま、その話はおいおいってことで。(ちなみに筑波出身者はどうやら3人みたい。結構意外。)

今週末は履修科目をじっくり考えつつ、おそらく最後の(のんびりできる)週末を味わいたいと思います。