Vinum et musica laetificant cor.

「ワインと音楽は心を喜ばせる」―ラテン語の格言より。

立て続けに3つ!

先日のゼミのOB会の際に、先輩から教えてもらった黒木亮さんの本を幾つか。「エネルギー」以外にもとんとんと続けざまに読んでしまいました。どれも展開が面白く、学ぶところも多いながら楽しく読めました。


---
黒木亮 『エネルギー』(上下巻) 日経BP社、2008年

日本がかかわるエネルギープロジェクトとそれにまつわる金融・環境に関する主体が交錯する本編。どこか馴染みが深くなったサハリンプロジェクト、イランの巨大油田開発計画、国内官庁や政府系金融、そして商社などがそれぞれの思惑を持ちつつも利権・国益の獲得に奔走する様子がリアルで楽しく読めました。SPC(特別目的会社)の内部など、小説でありながら果たして事実は…とさらに考えさせられる部分もあり、ますます気になるところです。

---
黒木亮 『シルクロードの滑走路』 角川文庫、2009年

途上国の航空会社が飛行機を調達する―そこにまつわる商社、銀行、途上国政府などが錯綜する本編。商社の意思決定プロセス、銀行のリスク評価、途上国政府内部の賄賂・袖の下と思惑、中央アジアの民族問題。なるほど、商社の仕事の一端を示しつつ、やはり最後は「人」だなぁと感じるお話でした。果たして現実はどうなのか…(もし機会があれば)こうした案件にかかわることも楽しみです。どうなることやら。

---
黒木亮 『トップレフト―ウォール街の鷲を撃て』 角川文庫、2005年

ふと、いつのまにか僕もこういうタイトルの小説を読むようになったんだなぁと感じた一冊。米系投資銀行、邦銀、そして…がプロジェクトの利権を獲得すべく奔走する物語。話の肝は…なので、あまり詳しくかけませんが、これが底力というやつかとため息が出ました。ロンドンのシティ(金融街)の描写などもシンプルですが鮮やかで、文字を追っていくだけでも個人的には楽しい本でした。黒木亮のデビュー作です。

間違ってますよっ!

これは書かずにはいられない。

いつものようにコンビニに行ったわけです。コンビニの陳列とはなかなか考えられたもので、最新の雑誌が目の前に並び、色もカラフル、陳列棚は整理されておいてあります。が、今日はその話ではない。大事なのは、本日発売!のステッカーが付いた雑誌。

おそらく日本で一番有名なサラリーマン(もう社長なんだっけ?)がチェロを弾いている絵だったのですが、あああチェロなんか弾いてるわーと思って通り過ぎようとする…でもどこか変なのです。その人がチェロを弾いていようと、タキシードを着ていようと、そもそも表紙になっていようとそれはいいのですが、何かが変。


弾くところ間違ってるやん!


表紙をご覧になればすぐわかりますので、ぜひともお近くのコンビニか書店でご確認ください。それにしても、ああ、「のだめ」が流行したとは言うものの(いよいよ完結しちゃうみたいですが)、まだまだ日本の現代社会においてクラシック音楽(というか楽器?)のプレゼンスは低いんだなぁというのを実感してしまいました。

烟雨秋深暗白波

11月です!天高く馬肥ゆる秋。すでに「船の科学館」の駅から見える富士山は真っ白で、今年も富士山が見える季節になったんだなぁ=引っ越してもう一年経つんだなぁと思うのでした。更地が多いお台場が、どのくらい変わったかと言えば、実際は大したことはないのだけれど(不況でビルが建ちにくくなったこともあるけれど)、少しずつの変化を間近で見るのも、これまた「いとをかし」と感じるわけです。

先日は大学時代のゼミのOBOG会があり、先生や懐かしい先輩方、初めてじっくり顔を付き合わせる先輩とも話をし、とても幸せな時間を過ごさせていただきました。(幹事をしてくれた4年生、本当にありがとう!)自分自身、まだまだ夢の途中ではありますが、背中を押される部分、刺激を受ける部分、多くのものが吸収できて、改めて、よい人に囲まれて幸せだなぁと感じるのでした。

来週は、自分の無知を知りつつ、ちょっとしたフォーラムに行ってきます。学校の先生やTAの方に伝えたところ「しっかり勉強してきてください」ということなので、丸一日の長丁場ではありますが、がんばってこようと思います。普段は通り過ぎてしまう大手町を、久しぶりに歩いてきます。そのためにも勉強しなくては…ともかく!晴れますように。

月末…!

すでに10月も最終週に…。あららら。

---
今月は誕生日があったということで、いろんな人にお祝いしてもらいました。本当に感謝、感謝です。ありがとうございました。例えば中学生の頃に自分が想像していた24歳と今の自分は若干?違うような気がするけれど(そもそも院生になっていようとは思わなかったわけで)、それでもあれやこれやと考えて至ったのが現在地点なので、今後もがんばろうと思います。前向きに。

---
各地では紅葉のニュースがそろそろ出始めているようだけれども(残念ながら今のところその予定はなく)、ついさっき名古屋から帰京しました。前回帰った時はぷらっとこだまだったけれども、今回はのぞみ。さすが速いです。特に静岡の通り抜け具合が速い。(右も左も水面が広がって浜名湖の水の上を走るときと、富士山が見えるあたりの景色はもちろん好きなんですが。)

---
今の家はTVがないので(必要に迫られてみるときはラウンジにあるTVで)、実家では久しぶりに幾つかの番組を見ていたんだけれど、キャスターのコメントの内容に「この人なに言ってるんだろか?」とかゲストのコメント(確か代議士さんだと思うんだけれど)が全くピントがずれていて、今再び「この人なに言ってるんだろうか?」と思ってみたり。ジャーナリズムって…?

---
明日から月曜日。また一週間が始まります。本読まなきゃー。

「○○をぶつ」ということ

今住んでいる宿舎の1階には(正確には隣の建物だけれども)コンビニがあって、特にそこで深夜帯に働いているのは中国系(もちろん、名札と店員同士の会話から推測できる鳥居の勝手な判断です。)の人ばかり。どうやら僕の前に飲み物を買ったタクシーの運転手さんは、そのサービスの仕方が気に入らなかったらしく、説教をぶっていました。

正直サービスのわるさというのは常々感じることだし(ある意味、それはお昼の時間帯に入っている人のサービス精神の旺盛さと比較してしまうからかも知れないけれども)、それにクレームをつけるのはお客様としては当然なわけで、そのクレームをつけられた人によるサービスが向上すれば、結果としてはよい方向に結びつくんだと思う。

ということで、クレームをつける(つけられる)こと自体(それがよほど理不尽出ない限り、の話ではあるけれど)は、個人的にはあまり抵抗感はない。

が、それで説教をぶつのはちょっとどうかと。(この「ぶつ」という言い方は日本語的に正しくないかも知れないんですが、僕個人の感覚に一番沿うので使わせていただきます。)特に、このクレーマー、どんどん話が大きくなって、そのアルバイトの人個人から国全体の話まで飛躍。その場では国全体の話なんて分からんのだし、ちょっとねぇと感じてました。

うーん。

三文

今日は、院の友達とサッカーの朝練だったので、休日ながら驚異の5時半起床!休日のお昼は相当に混むゆりかもめも、早朝だと本当に人が少ない(というか新橋行きのゆりかもめに、自分以外に乗っている人はどこから乗っていたのだろう、と思う)。ということで、朝日を浴びつつ学校へ。今は少し雲が出たけれど、朝は快晴でありました。今日は暑い!

早起きは…とはよく言ったもので、早起きをして運動すると気持ちいい。練習が終わってラウンジで本を読んでいたら、陽だまりのあまりの心地よさに寝てしまった。ま、こんな穏やかな休日もたまにはよいということで。(読んでいた本が???な内容だったというのも一理あるけれども、そこはそれ。)ということで、この午後は気持ちを入れ替えて頑張らねば。

散歩にて、思うこと

今日はクリーニングを受け取りに、宿舎から駅を二つ歩いて(大した距離ではないのです。)、お台場の遊歩道を散歩。ちょっと前までは真夏のイベントの雰囲気と青臭い匂いが一面に漂っていたのに(そして今日も宿舎の敷地ではイベントをしていたけれど)、空気も少し落ち着いて「天高く馬肥ゆる秋」。今日は日差しがちょっと強かったけれど、それもあと数日なのでしょう。

お台場の遊歩道を歩いていると、つくばと似ているなーと思うこともあり気持ちもいいのだけれど、やっぱり「人工色が過ぎる」というか、周りが明らかに空き地(つくばの場合は、区画が確かに大きいけれど人はいる)で、人のにおいがしないというか、生活感がなさ過ぎて、ハコモノを作るためだけの準備が済んで終わってしまっている―そんなバブルの後味?を感じます。

都市博があったらちょっと変わっていたのかなとも思うけれど、なかったものはなかったもの、今更どうこうという話でもなし。映画「20世紀少年」ではお台場らしき埋立地の向こうに、大阪の太陽の塔を模した塔が立ち、そこそこにぎわっているような場面があります。もちろん、フジテレビもAQUA CITYもJOY POLISも人はいるけれども、やっぱり普通の「賑わっている」とは違います。

---
学校のパソコンの周りをきれいにして、ちょっとすっきり、な一日でした。

台風接近中

台風が近付いています。茨城の某大学は、明日全学休講になったとか。でも実際研究室とかにいる人にとってはあまり関係ないんだよね。友達と「雨だとテンション下がるわー」と話をしながら授業に行き、案の定時間を超過して先生が話し続けるという結果になり、終わって外に出たら(雨は降っていたけど)元気が出ました。何と、ゲンキンな自分…。

今学期は、比較的法と政治+応用をばらけて取るような形になりそうで、授業のバランス的には、そんなにわるくないかも。問題は、今日の授業で「大学院生は授業中の討論2割、テスト4割、レポート4割で成績をつけます」と言われたこと。学部生はテスト一発だそうで、「先生どこまでやらせんねん」と隣に座っていた友人はぼやいておりました。同感。

早めに取り掛かるためにも、レポートのテーマを考えておかねば。うーむ。

国をつくる

10月になりました。天高く馬肥ゆる秋。少し前に読んだ本だけれど、せっかくなので読書のカテゴリーを一稿書こうと思います。

---
西水美恵子 『国をつくる仕事』 英治出版、2009年


大分に旅行中、時間つぶしに寄った本屋さんでふと見つけた一冊。ノウハウ本とか「こうしなさい!」という本はあまり買わない性分なのですが、何となくタイトルにひかれ、最初の数ページを読んで買うことを決めました。帯についていた《リーダーシップ》かくあるべき的な文句よりも、むしろ、その著者の仕事と自分の考えていることがリンクした、というのが率直な理由です。

すでに幾つかのメディアでも取り上げられたのか、Amazon.co.jpでもかなりコメント数がついていますが、読んでみて「なるほど、よかった」と思えた一冊でした。基本的には雑誌の連載の単行本化なので、一つひとつの話は短いのだけれど、そこに出てくる人と著者の西水氏が感じたことが、脚色もなく(よい意味で)普通に書いてあることで、自分にとっては飲み込みやすかった。

カンボジアを旅行したときに、アンコールワットのまわりで、子供たちが葉書やら小物を買ってほしいと寄ってきた。かと言って、この子たちに写真がプリントされた葉書を作る技術も機会もないだろうし、買わないのを申し訳ないようにも感じつつ、どこか腑に落ちなくて煮え切らなくて、遺跡の美しさを目の前にしつつ、自分の立場と彼らのことを考えていた。

西水氏が見てきたような「現場」は今の自分はまだまだ知らない。でも知らねばならない、と思う。多くのコメントで触れられているような「リーダーシップ」ないし「リーダー」という点も印象的ではあったけれど、むしろ世界の現状を見た時のつかみどころのない罪の意識のような、すっきりしない感覚、そしてそれに挑む《正義の味方》が抱える難しさにはっとした。

打ち寄せる朝の海

大分にいた頃にふと立ち寄った(正確には時間つぶしのために意識的に立ち寄ったんだけど)CD屋さんで見つけた、ハンバートハンバートの『合奏』というCD。視聴してあっさり気に入り、最近家ではしょちゅうかかっています。特にお気に入りは2曲目に入っている「待ち合わせ」という作品。(小田急のCMに使われている曲だそうです。知っている人も多いかもね。)

最近、こんな素朴な感じの曲に心惹かれます。オーケストラは、どんなに言い方を変えても大業なものであることには違いないし、そこにはそこの魅力(他とは比較のできないもの)があるんだけれど、何となく小さなセッションで、音の数も少なく、穏やかに語りかけることで伝わるような感じがとてもよい。ふと家に帰って、こんな曲が流れるのはとても贅沢なことのように思います。

「明日はきっと美しい日」「ホームでの待ち合わせもそんなにわるくない」という部分の歌詞が特にお気に入りです。よろしければ、ぜひ。
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ